<新型コロナ>埼玉県で233人が新規感染 2度目の宣言解除後最多に さいたま市のパン工場でクラスター

2021年4月22日 21時10分
埼玉県庁

埼玉県庁

 埼玉県内では22日、新型コロナウイルスの新たな感染者233人が発表された。2度目の緊急事態宣言の解除後では最多。
 さいたま市は「伊藤製パン岩槻工場」(岩槻区)でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。市は従業員18人の感染を把握しているが、他自治体で検査している分もあり、同社は現時点で感染者は45人としている。
 川越市は、市内の私立星野学園中学校と星野高校で生徒と教職員計15人のクラスターが発生したと発表した。いずれも同じ部活動の生徒と顧問という。
 川口市は市内の通所介護施設「アースサポート東川口」で計20人、私立保育所で計8人のクラスターを確認したと発表した。

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧