千葉県が「まん延防止措置」の指定を拡大へ、千葉市など想定 飲食店の酒類自粛も要請へ

2021年4月22日 20時59分
首都圏3県の知事会議で大型連休中の酒類提供停止について意見交換した熊谷俊人知事(手前)

首都圏3県の知事会議で大型連休中の酒類提供停止について意見交換した熊谷俊人知事(手前)

 東京都の緊急事態宣言要請の動きに合わせ、熊谷俊人知事は22日、神奈川、埼玉両県とともに飲食店の酒類提供について、来週にも終日自粛を要請する考えを示した。対象はまん延防止等重点措置の指定地域が中心となるとみられる。また、重点措置指定地域を、現在の市川、船橋、浦安、松戸、柏の5市から拡大することも示唆した。
 指定地域の拡大について、熊谷知事は「緊急事態宣言が東京都に出された場合、都から人が来るという要素も加えて区域の指定をしていく」と指摘。千葉市などの追加が想定される。
 熊谷知事は「影響はかなり大きいと思っており、非常に悩んだ。東京都に呼応しなければ結果的に3県でも感染が拡大する」と説明。「大型連休は社会経済活動が緩やかになる。比較的利用者が多くならない期間を活用して集中的に措置を行うことは長い目でプラスになると思う」として理解を求めた。(中谷秀樹)

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧