東京など4都府県に緊急事態宣言発令、きょう23日夕方に決定 菅首相「強力な対策を短期集中的に実施」

2021年4月23日 14時02分
参院本会議で答弁する菅首相=23日午前

参院本会議で答弁する菅首相=23日午前

 政府は23日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、緊急事態宣言を東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に25日から5月11日まで発令すると決める。西村康稔経済再生担当相が専門家らによる基本的対処方針分科会で表明し、了承された。尾身茂会長は衆院厚生労働委員会で解除について「国の指標で最低でもステージ3(感染急増)、ステージ2(漸増)に向かう見込みがあるのが条件」とし、期間内に達していなければ「延長もあり得る」と述べた。
 菅義偉首相は参院本会議で「多くの方が休みに入る機会を捉え、強力な対策を短期集中的に実施し、ウイルスの勢いを抑え込む」と述べた。厚労委で3月の宣言解除決定時に「再び宣言を出すことがないように対策を取る」とした発言と再発令の整合性を問われ「大変申し訳ない思いだ」と述べた。西村氏が午後、衆参両院の議院運営委員会に報告。首相が午後6時半からの政府対策本部会合で表明、8時から記者会見する。
 宣言は昨年4月、今年1月に続いて3回目の発令となる。(共同)

関連キーワード

PR情報