東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > Chunichi/Tokyo Bookweb > 書く人 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【書く人】

見えない声、伝える 『作家のおしごと』作家・五木寛之さん(86)

写真

 ♪これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛…。

 昭和の時代に女優の松坂慶子さんが歌って大ヒットした「愛の水中花」(一九七九年)。この作詞も五木寛之さんが手がけていたのだと、この本で知った。今回の著書では、小説執筆だけでなく作詞や講演、対談など幅広く仕事をしてきた五木さんが、五十余年にわたる活動を振り返っている。

 冒頭で五木さんは自らを「海山稼(うみやまかせ)ぐ者」と言う。代表作『親鸞(しんらん)』にも登場する言葉だが、海で漁をし、山に獣を追う人びとだけではなく、生きるために殺生をし、時に人を欺きもして働く者のことだ。平安時代の流行歌謡だった今様(いまよう)に「はかなきこの世を過ぐすとて、/海山稼ぐとせしほどに/よろずの仏にうとまれて、/後生(ごしょう)わが身をいかにせん」という歌詞がある。五木さんはその歌詞にわが身を重ね「『よろずの仏にうとまれて』っていうところが胸に染みる」と語る。

 深夜のラジオ番組や日刊ゲンダイのコラムなど、長年続けてきた仕事もある。表現の手法は多岐にわたっても、作品を生み出す根底に通じているのは「(読者が)われを忘れて面白がって、日ごろの憂さを一瞬でも忘れ、今日一日を何とかやり過ごせる支えになれば」という思い。さらに、敗戦を朝鮮半島で迎え、引き揚げてきた原体験がある。

 「難民みたいな生活を送っていた時に、何をしていたかといえば、戦前の流行歌を歌っていただけなんですよ。勇ましい歌でも元気づけられる歌でもなく、毎晩、センチメンタルな歌謡曲をみんなで歌っていた。そうして一日を生き延びた経験があるものですから、人は悲しい時には悲しい歌を、つらい時には切ない歌を聴きたいものだという考えが固定している。今日面白かったらそれでいい、と」

 同じ作家の村上春樹さんとの「幻の対談」(一九八三年)も収録している。村上さんが「一番原体験の文章っていうのは、戦後憲法」と、言葉を意識した最初について話し、五木さんが物語の創作に向かわせる「力」に言及するなど、創作について自由に深く語り合っている。「ぼくは小説家はミディアム(媒体)だと思っていますから。イタコとか沖縄のユタのように神降ろしをするというか。メディアで働く者には多少なりともそういう、見えない声を人びとに伝える役割があると思いますね」

 東京堂出版・一七二八円。 (岩岡千景)

 

この記事を印刷する

PR情報