東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

秋の褒章に1団体29人 緑綬「柏おもちゃ図書館かたつむり」

障害児らと遊ぶさまざまな布のおもちゃと、親子の居場所づくりに取り組むボランティアスタッフたち

写真

 二〇一八年秋の褒章受章者が発表され、県関係者では一団体と二十九人が選ばれた。障害児らを支援するボランティア活動で実績を重ねたとして、緑綬褒章の受章が決まった「柏おもちゃ図書館かたつむり」(柏市)のみなさんに喜びの声を聞いた。 (堀場達)

 一九八五年から活動をはじめ、現在は中央公民館や沼南福祉センターなど、市内五カ所で月一回ずつ、布製のおもちゃで子どもたちを遊ばせたり、保護者たちが語らったりする「おもちゃ図書館」を開いている。おもちゃは的当てや絵本、けがの心配なしに切り分けできる果物や野菜など、百三十点ほどに及び、貸し出しもしている。

 学習塾を営んでいた女性が、障害がある生徒のきょうだいの「居場所をつくろう」と、おもちゃを用意し、自宅を開放したことが、活動の発端だった。

 登録されているボランティアメンバーは、二十〜七十歳代の五十六人。図書館運営のほか、おもちゃを手作りする集まりを定期的に催し、学齢の高くなった子や成人を対象に、書道教室を二〇一三年から、茶道教室を一四年からそれぞれ始めた。

 副代表の小島道子さん(67)は「おもちゃでは物足りなくなった子たちの余暇活動を手伝い、能力を開かせたい」と、図書館から派生した教室の目的を話す。

 メンバーが活動に加わったきっかけは、さまざまだ。「教員を定年退職後、元々関心のあったテーマで、何か役に立つことはできないかと参加した」と話すのは代表の今井直樹さん(74)。大島千代美さん(66)は元々、かたつむりの利用者。「次男がダウン症で、さまざまな不安を抱いていた時、支えになったのが、ここだった」という大島さんは「子どもの障害の有無にかかわらず、育児に悩んで閉じこもっているお母さんがいたら訪ねてきてほしい」と呼び掛ける。三十歳になった次男もメンバーの一員として活動にいそしむ。

おもちゃでは物足りなくなった子らを対象に書道教室も開いている=いずれも柏市で

写真

 かたつむりの名は「ゆっくりゆっくり歩んでいければいい」の思いで付けた。小島さんは「話すことをはじめ、表現がうまくできない子もいる。そんな子の気持ちを表情などからくみ取れたときが特にうれしい」という。

 発足直後からのメンバーで、最古参の油野(あぶらの)英子さん(60)に受章の喜びを聞いたところ、こう語った。「受章をきっかけに、存在や活動内容を広く知ってもらえることがうれしい。利用者が増え、活動の輪がもっと広がれば」

 ◇ 

 このほか秋の褒章では、県内から、天然資源系薬学などの研究功績で千葉大教授の斉藤和季さん(64)=八街市=が紫綬、農商工業などの業務に精励した黄綬の八人、産業振興や社会福祉で業績を上げたり、公共の事務に尽力した藍綬の十九人が受章。人命救助に尽力した阿部真大さん(41)=愛媛県今治市=が紅綬を受章した。

◆県内受章の皆さん(敬称略)

 ▽緑綬褒章(1団体)

柏おもちゃ図書館かたつむり  地域交流支援活動奉仕団体 柏

 ▽黄綬褒章(8人)

秋葉  武65 税理士 松戸

井田  明78 たばこ販売者 千葉

島谷 公一60日航767運航乗員部運航乗務嘱託 四街道

登玉 芳雄68 司法書士 千葉

松岡 明夫65 銚子信用金庫理事長 銚子

松本 好司69 関東消防機材代表取締役 千葉

山本 明夫62新日鉄住金君津製鉄所中央整備室専任指導員 君津

吉沢 賢一59日航経営企画本部付部長(787機長) 鎌ケ谷

 ▽藍綬褒章(19人)

相川 英明50 富里市消防団副団長 富里

伊藤 久恵81千葉市明るい選挙推進協議会委員 千葉

井上美穂子72 民生・児童委員 千葉

大木  正70山武警察署少年警察ボランティア連絡会長 横芝光

小倉  勉74 保護司 大網白里

加来 敏行54 柏市消防団副団長 柏

斉藤美和治72 保護司 鎌ケ谷

酒井 博史78 元農林業センサス調査員 いすみ

桜井  隆70 調停委員 銚子

杉田 慶一65 県税理士会長 印西

鈴木  登85 県遺族会副会長 千葉

高橋 正孝75 保護司 八千代

鳥居 勝一82 元船橋商工会議所副会頭 船橋

鳥山 雪江74 民生・児童委員 千葉

内藤 正稔77 保護司 船橋

中村 隆光81 県小売酒販組合連合会長 印西

中村 洋一53 千葉市消防団副団長 千葉

成嶋 元安63 松戸市消防団副団長 松戸

藤崎 和彦53 成田市消防団副団長 成田

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報