東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

いんザイ君、ぬいぐるみ19日発売 人口10万人突破で印西市

人口10万人突破記念で限定販売される「いんザイ君」=印西市役所で

写真

 印西市は、市のマスコットキャラクター「いんザイ君」のぬいぐるみを十九日から販売する。市内の人口が今年十万人を突破したことを記念し、タキシードを羽織ってちょうネクタイを締め、おめでたムードの盛り上げに一役買う。

 いんザイ君は、ピンク色のサイの男の子で、市の花・コスモスの花畑で生まれた。ふっくらした顔と体つき、おなかの印鑑文字「印」が特徴のゆるキャラだ。ぬいぐるみは座高二十七センチ、一体千五百円で価格設定した。

 同市の人口は五月、十万人に達した。前身の印西町は一九九二年八月に人口が五万人を超え、九六年の市制施行後、印旛、本埜の両村と合併し、二〇一〇年に現在の市域になった。

 ぬいぐるみは六百体を午前九時半、市役所三階の大会議室で販売開始。また市のホームページを介し、二百体をインターネット通販する。通販も同時刻から申し込みを受け付ける。

 窓口販売では一人五体まで、通販では一人一体のみ購入できる。問い合わせは、市シティプロモーション課=電0476(33)4426=へ。 (堀場達)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報