東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

市内7銭湯の魅力発見 船橋でスタンプラリー 来月3日まで

「ふなばし銭湯ゆめぐりスタンプラリー2019」の台紙(折り畳み式)

写真

 船橋市内の銭湯の良さを再発見してもらい、足を運んでもらおうと、市と船橋浴場組合などが「ふなばし銭湯ゆめぐりスタンプラリー2019」を実施している。三月三日までの期間中、専用台紙にスタンプを押してもらうことで、記念品が贈られる。

 スタンプラリーには七つの銭湯が参加。四カ所のスタンプでせっけんを、六カ所だと銭湯定番の「ケロリン桶(おけ)」がプレゼントされる(十二歳以上)。参加費はないものの、各銭湯の入浴料が必要。

 市は「お湯の種類や銭湯絵など、それぞれが個性豊かなだけに、お気に入りの湯を見つけていただければ」と呼び掛けている。問い合わせは、船橋市ふなばし観光・ブランド創造室=電047(436)2473=へ。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報