東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

辺野古新基地建設 あなたが沖縄県民なら? 松戸でシール投票

写真

 あなたが沖縄県民ならどう意思表示しますか? 米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設に伴う名護市辺野古(へのこ)での新基地建設を巡る県民投票が24日に行われるのを前に、市民グループ「とめよう!戦争法(安保法制)松戸アクション」が20日、JR松戸駅で市民投票を実施、参加者がシールを貼って意思を示した=写真。

 政府が強引に基地建設を進める沖縄の現状は将来、自分たちにも返ってくる問題と、市民らに訴えるため企画した。市民投票は基地建設に「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択で、色別のシールをボードに貼ってもらった。市民グループは昨年12月と今年1月にも行っている。

 松戸市の黒沢千代子さん(70)は「沖縄には何度か行っている。美しい海を壊しては駄目。基地が集中する沖縄の人たちに寄り添っていく」。那覇市出身の男性(62)は「県民の意向を無視する国のやり方は強引過ぎる。安倍政権に反対する声を上げてほしい」と話した。

 2時間で114人が投票し、結果は基地建設反対が107人、賛成が4人、どちらでもないが3人だった。 (林容史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報