東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

五輪・県内開催8競技 魅力を紹介 千葉で催し 大会へ意気込みも

威力の高い蹴りが得意技だと語ったテコンドーの東島さん=千葉市美浜区で

写真

 二〇二〇年東京五輪の開催まで五百日を切り、東京五輪・パラリンピックに向けて県内の機運を高めるイベント「『あと五百日!オール千葉で応援しよう!』フォーラム」が十八日、千葉市美浜区のイオンモール幕張新都心で開かれた。

 イベントでは、一宮町で開催されるサーフィンや千葉市で開かれるゴールボールなど計八競技の選手や関係者が、競技のルールや魅力、来年に迫る大会への意気込みを語った。

 船橋市を拠点に活動するテコンドーの強化指定選手の東島(ひがしじま)星夜さん(18)は、体格の大きい海外選手に対し、柔軟性やスピードで勝るための練習を重ねているといい、「東京五輪では金メダルを取って恩返しをしたい」と語った。

 イベント冒頭では、森田健作知事が競技関係者らと「オール千葉で頑張ろう」と叫び、協力を呼び掛けた。イベントは県や県内の経済団体などが主催。企業や大学などの関係者約二百六十人が参加した。 (黒籔香織)

◆「おもてなし事業」千葉市が補助金 来月から受け付け

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックを盛り上げる市民の活動を支援しようと、千葉市は市民団体や学生団体に三十万円を上限に補助金を交付する。申請の受け付けは四月一日から五月十七日まで。

 補助対象は、市内で開催される競技の体験会や、まちの美化活動、マップ作りなどのおもてなし事業を想定する。条件はメンバーの半数以上が市内在住や在勤、在学であること。書類審査や面談などをへて、六月に交付団体を選ぶ。

 美浜区の幕張メッセでは計七競技が開催される。東京五輪でフェンシングとテコンドー、レスリングが、東京パラリンピックではゴールボール、シッティングバレーボール、テコンドー、車いすフェンシングが開かれる。

 問い合わせは市オリンピック・パラリンピック振興課=電043(245)5737=へ。 (黒籔香織)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報