東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

御宿町議会が虚偽証言で町長告発

 御宿町議会は、町が主催するメキシコの学生との国際交流事業を巡る議会の調査特別委員会(百条委員会)で虚偽証言をしたとして、石田義広町長を千葉地検に告発した。十四日付。

 告発状によると、石田町長は昨年八月と今年一月、百条委で、交流事業に関する費用が旅行会社に支払われたと証言。だが、旅行会社の社長は否定しており、石田町長は虚偽の陳述をしたとしている。石田町長は取材に「偽証した覚えもまったくなく、納得できない」と話した。

 町議会は十九日、本会議を開き、約三十六億六千九百万円を計上した二〇一九年度一般会計予算案を反対多数で否決した。二人の議員が「町を統括し、代表する者として不適任な石田町長が提案した予算は認めることはできない」などと反対討論していた。町は今月末までに町議会臨時会を招集し、修正案を提出する方針。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報