東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<統一地方選>県議選 選挙区情勢(3)

写真

◆習志野市(2)

佐藤健二郎 43 自新 

鈴木均 55 立現(1)

伊藤寛 43 無新 

 再選を目指す立民鈴木のほか、新人二人が出馬を表明。自民佐藤は元国会議員秘書で、引退する父正己の後を受けて出馬。伊藤は市議を三期務めた。

◆柏市(5)

浜田穂積 72 自現(7)

中沢裕隆 48 自現(2)

松崎太洋 37 立新 

中田学 46 国現(2)

阿部俊昭 60 公現(3)

加藤英雄 65 共現(4)

坂巻重男 70 無新 

 現職は自民の浜田と中沢、国民中田、公明阿部、共産加藤の五人が全員出馬する。立民の新人松崎の父は元総務副大臣の故公昭。ほかに新人は元市議の坂巻。民進から分かれた国民と立民が五議席の中で争う。

◆勝浦市・夷隅郡(1)

小高伸太 61 自現(6)

 現職の自民小高以外に動きはなく、三期連続で無投票の可能性が高い。

◆市原市(4)

鈴木昌俊 71 自現(4)

伊豆倉雄太 35 自現(1)

菊岡多鶴子 58 立新 

鈴木和宏 46 公新 

駒形八寿子 60 共新 

 市民ネット山本友子、公明塚定良治が引退。自民の鈴木昌、伊豆倉の現職二人に、新人三人が挑む。公明は元出版社員鈴木、立民は市議の菊岡、共産は元看護師の駒形をそれぞれ擁立した。

◆流山市(2)

武田正光 49 自現(3)

小宮清子 68 社現(5)

 二議席を四人で争った前回から一転、現職二氏以外に動きがなく無投票か。

◆八千代市(3)

茂呂剛 50 自現(1)

横山秀明 48 公現(2)

上野洋嗣 42 共新 

秋葉就一 50 無新 

 現職石井敏雄が引退の見込み。自民茂呂、公明横山の現職二人と、共産上野、無所属で元八千代市長秋葉の新人二人が争う。

◆我孫子市(2)

今井勝 71 自現(3)

飯塚誠 49 立新 

水野友貴 36 無現(1)

 自民今井、無所属の水野の現職二人と、立民新人で市長選に出た飯塚が議席を争う。

◆鴨川市・南房総市・安房郡  (2)

木下敬二 70 自現(3)

川名康介 39 無現(1)

田口空一郎 41 無新 

 鴨川市と南房総市・安房郡の合区となり、三期ぶりの選挙戦になりそう。自民木下と、亀田郁夫の鴨川市長選への転出に伴う補選で当選した川名の現職二人に、会社社長の新人田口が無所属で挑戦する。

◆鎌ケ谷市(2)

石井一美 74 自現(1)

藤代政夫 71 無現(2)

岩波初美 59 無新 

 自民石井、無所属の藤代の現職二人のほか、元市議の新人岩波が無所属で出馬する。

  ◇

 選挙区のかっこ内は定数。氏名、年齢、党派、現(現職)・元(元職)・新(新人)の順で、○数字は当選回数。自=自民、立=立民、国=国民、公=公明、共=共産、維=維新、社=社民、ネ=市民ネット、無=無所属。敬称略。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報