東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<ヒーロー>自慢の制球 勝利導く 習志野2年・山内翔太投手

写真

 「初回の7点で気持ちが楽になった」。先発投手の二年生左腕は、冷静な気持ちでグラウンドに立った。「絶対に抑える」と立ち上がりから130キロ前後の直球や複数の変化球を低めに制球。打たせてアウトを取る、持ち味のマウンドさばきを披露し、甲子園勝利を呼び込む立役者になった。

 一年からベンチ入りし、昨秋からは何度も先発登板を重ねた。「とても大きく大切な存在」と絶大な信頼を置くエース飯塚脩人投手(三年)との継投で、昨秋の関東大会で4強入りを果たす原動力となった。

 秋の時点では、スタミナ面に課題があったが、秋から冬にかけて走り込みなど下半身の強化に励み、克服に努めてきた。

 地道な練習の成果が発揮された形になり、初回から緩急を織り交ぜた球をテンポ良く投げ込んだ。八回以降もマウンドに上がるのは中学生以来といい、最終的には一人で101球を投じたが「最後はスタミナ切れで球が高めに浮いてしまった」と、終盤の2失点に唇をかんだ。

 二十八日の相手は、大会屈指の右腕・奥川恭伸投手(三年)を率いる星稜(石川)。「対戦は楽しみ。今回の試合で良かった面と悪い面を振り返り、冷静な気持ちで次戦に臨みたい」 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報