東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

マザー牧場で子ヒツジ41頭すくすく みんなに近くで会いたい

すくすくと育つ様子が人気の子ヒツジたち(手前)=富津市田倉のマザー牧場で

写真

 富津市田倉のマザー牧場で、今年生まれたヒツジの赤ちゃんがすくすくと育ち、訪れた人たちの目を楽しませている。

 同牧場によると、最初に出産が確認されたのは二月。三月中旬にかけピークとなり、同二十二日にも一頭誕生した。牧場全体で現在、四十一頭の子ヒツジがいるという。

 子ヒツジたちは母親の乳をねだったり、元気にはね回るなど元気いっぱいで、すやすや眠る光景も。愛らしい様子を撮影しようと、われ先にとカメラやスマートフォンを向ける人が後を絶たない。

 東京都江東区の会社員石井有沙さん(24)は「子ヒツジをこんなに近くで見るのは初めて。体が柔らかく、かわいい」と笑顔を見せた。 (山田雄一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報