東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<ヒーロー>攻守貢献、チームの要 習志野3年・兼子将太朗捕手

写真

 「内野手は自分以外、二年生が中心。元気がない時は声をかけ、(気持ちの)切り替えを心掛けている」

 チームの要として、昨秋の県大会途中からスタメンマスクをかぶる。

 この日も投手陣の調子を見極め、リード。明豊打線に初回打ち込まれたが、二回からは直球から変化球中心に替えた。「緩急を使って打ち取りに行った。フルスイングさせないことを心掛けた」と明かす。二人目で登板したエース飯塚脩人(しゅうと)投手については「ボールがうわついている」と感じたが、直球で押してフォークで打ち取ることを心掛けた。

 昨夜はチームメートと「絶対に勝つぞ」と誓って試合に臨んだ。打撃でも活躍。七回表、先頭打者として三塁打を放ち、同点劇の口火に。続く八回表にはタイムリーを放ち、攻守で勝利に貢献した。

 秋の県大会では打撃不振に陥ったが、ティー打撃の量を増やすなどして力をつけたという。「秋の大会の経験が糧になった」と振り返る。

 「ここまで来たら優勝しかない。目の前の優勝をもぎ取れるように、明日は全力を尽くしたい」と力強く語った。 (山田雄一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報