東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<熱球譜>さらに努力、走攻守で力に 習志野2年・高橋雅也選手  

写真

 右翼側の打球を確実にさばき続けた。ただ、自身はノーヒットで終わったこともあり、準優勝には納得がいかない。「走攻守で高いプレーヤーにならないと」。夏に向け雪辱を誓った。

 中学の時、佐倉リトルシニアで全国制覇を果たした。希望を胸に習志野高の門をたたいたが、当初、新入部員から1軍メンバーに選ばれることはなかった。中学時代の仲間は多くが選ばれただけに、悔しさが込み上げた。「何とかしなければ」

 練習が終わった後、佐倉市内のグラウンドで、父親に志願してノックを受け続けた。その後、代打で着実に結果を出すなどしたことが評価され、レギュラーに選ばれた頑張り屋だ。

 チームのために「鋭い打球でつなぐことを心掛けている」。二年生がレギュラー陣に名を連ねる中、「ダブル主将」制で引っ張ってくれた2人の先輩に感謝する。「みんな仲がいいので、一層言い合える関係になりたい」。チームワークの良さが光る。

 小学校の卒業文集に「(佐倉シニアで)全国優勝」と書き、その夢は実現した。中学では「甲子園優勝」と書いたという。「もっと努力しろということかな。まだチャンスはある」。まずはこの夏の大会に全力投球する。 (山田雄一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報