東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

四街道の里山、アート感じる一日 28日に染め物体験など

イベントに合わせて開放するツリーハウス=四街道市で

写真

 親子で楽しめるワークショップや飲食店などのブースが並ぶイベント「四街道アートフェスタ ツクリテの森はる」が二十八日、四街道市吉岡の里山「Y・Y・NOWSON(わいわいのうそん)」で開かれる。同イベント実行委員会代表で絵本作家の遠藤康太さん(41)=同市中央=は、「懐かしい里山の風景に触れてほしい」と話し、来場を呼びかける。

 イベントでは、里山内の野外ステージで四街道市で活動するヒップホップとフラダンスの団体が踊りを披露する。ワークショップでは、アクセサリーやヘアゴムの制作をはじめ、染め物体験、ボールペン作りなどを予定する。ベーグルや綿菓子、焼き菓子などを販売する。

 里山内では、遠藤さんらが樹齢約百年のカシにつくったツリーハウスや、絵本を借りられる「蔵の図書館」を開放する。

 Y・Y・NOWSONは市の補助金を活用して、住民が二〇一四年に整備した約一万平方メートルの私有地の里山。イベント開催時などに開放している。遠藤さんは「子育て中のお父さんお母さんが、普段行く公園とは違う里山の魅力を知ってもらいたい」と話す。

 午前十時から午後四時。入場無料。問い合わせは遠藤さん=電090(2310)7099=へ。 (黒籔香織)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報