東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

ビル群眺めて潮干狩り 船橋・三番瀬 都心から一番近く

潮干狩りを楽しむ親子連れ=船橋市で

写真

 船橋市潮見町、ふなばし三番瀬海浜公園で十八日、潮干狩りが始まった。都心から最も近い潮干狩り場として知られ、六月九日まで楽しめる。

 この日は午前九時からオープンし、埼玉県草加市から娘二人と訪れた親子連れ四人は、湾岸部の高層マンションやビル群などを眺めながら、「あった」と声を上げていた。母親は「子どもが好きなので今晩、酒蒸しやバター焼きにして食べます」。

 期間中は休場日があり、利用料は大人(中学生以上)四百三十円、子ども(四歳以上)二百十円で、アサリの持ち帰りは百グラムにつき八十円。問い合わせは、同公園=電047(435)0828=へ。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報