東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

期待胸に「話し、学びたい」 多様な年齢、国籍の22人 松戸の夜間中学開校

夜間中学への期待を話す岩間雄大さん=松戸市で

写真

 松戸市に十六日、開校した県内二校目の公立の夜間中学「市立第一中学校みらい分校」に二十二人が入学した。十〜七十代と年齢層は幅広く、外国人も九人が学ぶ。新入生は、さまざまな思いを胸に、新たな学びに期待を寄せる。 (林容史)

 三年の岩間雄大さん(17)は入学式後、「苦手な英語と国語を重点的に勉強したい」と笑顔を見せた。

 中学一年の夏、「周囲をものすごく気にして、気持ちが落ち込んだ」。他人の気持ちに敏感になり、そういう自分が分からなくなって不登校になった。中二からまた学校に行き始めたが、三年の夏に再び引きこもるようになった。この間、フリースクールに通い、現在は通信制高校でも学ぶ。しかし、中学は卒業したものの「まともに授業が受けられなかった」という欠落感から、夜間中学で学び直すことを決意した。

 将来は整体師を目指すという。まだ、通い続けられるかどうか分からないが「クラスは明るく、先生も優しい。人生でもあまりない経験。話して、学びたい」と思いを口にした。

 新入生を代表し、誓いの言葉を述べたのはブラジル国籍で一年の西チヨカさん(49)。中学で十分に勉強できず、その後は「日々の生活に追われるままに年を重ねてきた」と振り返った。

 来日して結婚、わが子が学校生活で友だちとの経験を通して成長していく姿を見るにつけ、「学校生活をやり直してみたい」と何度も思ったという。

 西さんは「学び直す場を新たにつくってくださったたくさんの方々に心から感謝し、その期待に応えられるよう共に頑張っていく」と結んだ。

 久保木晃一校長は式辞で「皆さんは年齢も、これまでの経験も違う。自分とは異なる生き方や考え方に触れる中で、自分の人生をより豊かにしてほしい」と呼び掛けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報