東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

木更津市民オトク 秋の東北・豪華客船の旅 在住・在勤で料金10%引き

 木更津市は、九月二十〜二十三日(三泊四日)に実施される、木更津港発〜東北・三陸方面の豪華客船クルーズに絡み、全二百三十室のうち七十五室が「市民クルーズ」として、市民向けに割り当てられたと発表した。通常より10%引きの特別料金で、市内在住・在勤の人らを対象に最大二百二十五人募集している。市観光振興課は「震災復興の応援もかねており、東北の美しい景色を堪能してほしい」としている。

 この豪華客船は日本クルーズ客船(大阪市)の「ぱしふぃっくびいなす」。木更津市は、港を生かしたまちづくりの一環で二〇一七年から協賛しており、東北ルートは今回が初めて。

 日程は、九月二十日に木更津港を出て、二十一日に宮城・石巻港、二十二日に岩手・大船渡港に入出港し、二十三日に横浜港で下船する。有料バスで木更津へ帰ることができる。

 美しい海岸を眺め、寄港地で伝統芸能や物産販売、花火の見送りなどを受ける。日本三景の松島観光はじめ観光ツアーはオプション扱いとなる。

 申し込み方法は、利用人数や希望客室タイプ、参加者全員の住所や名前などを往復はがきに記入するか、電子メールで、市観光振興課「市民クルーズ」係に送る。五月七日必着で、応募多数なら抽選となる。

 市民向けの特別料金は、三人で一室利用の場合、税込み十万二千九百六十円から。市民向け以外の百五十五室は、日本クルーズ客船が申し込み順で受け付けている。

 問い合わせは、市観光振興課=電0438(23)8079=へ。 (山田雄一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報