東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

物流施設5棟、流山に建設へ 日本GLP単独国内最大

「GLP流山プロジェクト」全8棟の完成イメージ(日本GLP提供)

写真

 物流倉庫運営大手の日本GLP(東京都港区、帖佐(ちょうさ)義之社長)は、流山市に新たに物流施設五棟を建設する計画を明らかにした。完成すれば、第一期で既に完成している三棟と合わせ、計八棟の延べ床面積は約九十万平方メートルに上り、単独のデベロッパーによる開発では日本最大になるという。二十三日、市内の物流施設で帖佐社長が会見を開いて発表した。

 発表によると、第二期五棟の延べ床面積は計約六十万平方メートル。予約機能でトラックの混雑を緩和したり、自動化のための設備を入居企業に提供したりする。施設内に人材派遣事務所を開設して企業間で人材のやりくりが可能になる。また、共用部にジムや仮眠スペースなどを設け、施設周辺に雨水などをためる調整池や緑地帯を整備する。

 人材を確保するため、人口増加率県内一の市内の若い世代も呼び込む考えという。

 来年二月に着工、二〇二三年六月に五棟全てが完成する計画。

 帖佐社長は「圏央道や常磐道などでアクセスが良く、立地条件が良い。令和を象徴する新しいコンセプトの物流施設を開発していく」と抱負を述べた。

 市内の江戸川沿いに物流拠点を築く「GLP流山プロジェクト」は一五年に構想がスタート。第一期は一八年に二棟、今年二月に一棟が完成した。同社によると、多様な業種のテナントで満床という。第一、二期を合わせた総開発費は千八百四十億円。 (林容史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報