東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

千葉市で護憲の集い「徴兵制も許容され得る」 山内・一橋大名誉教授、自民改憲案に警鐘

「改憲すれば軍事優先の社会に変わっていく」と指摘する山内敏弘さん=千葉市文化センターで

写真

 憲法記念日の三日、護憲と平和について考える「憲法記念日の集い」が千葉市文化センターで開かれた。一橋大学名誉教授の山内敏弘さん(憲法学)が「安倍九条改憲の目指す戦争への道」と題して講演、政権による改憲が市民の生活や権利に及ぼす影響について言及した。

 集いは「憲法を守り・いかす千葉県共同センター」と県憲法会議が共催し、約五百人が参加した。

 山内さんは、自民党改憲条文案で「九条の二」を新設し、自衛隊の存在を明記する案が示されたことに触れ、「(戦争放棄と戦力不保持をうたう)現行九条一、二項の解釈が変わらないことはありえない」と主張。「全面的な集団的自衛権の行使容認が狙いだ」と指摘した。

 その上で、改憲で自衛隊の役務に公共性が備われば、徴兵制も許容され得ると解説。防衛費の増大による社会保障費の大幅削減の可能性を示唆し、「軍事優先の社会になれば、市民の自由が制限される」と警鐘を鳴らした。

 また九条が、国際社会やアジアの平和維持に果たす役割を挙げ、「話し合いによる解決を図る九条の価値を伝えていくことが必要だ」と訴えた。 (太田理英子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報