東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

色鮮やか1600種1万株 京成バラ園見頃、来月16日までフェス

色鮮やかに咲き誇るバラ=八千代市の京成バラ園で

写真

 八千代市大和田新田の京成バラ園が見頃を迎えた。園内には約千六百品種、計一万株が植えられており、国内最大級のバラ園で知られる。園内は色とりどりの花で彩られ、香りでも来園者を楽しませている。

 京成電鉄グループの会社が運営するバラ園の広さは五万平方メートルで、ローズガーデンはうち約三万平方メートル。ボリュームのあるピンクの「恋結び」や、黄色の「恋きらら」などが鮮やかな花を咲かせた。開花時期は平年並み。

 園内では「おいしい恋しい」をテーマにしたローズフェスティバルが六月十六日まで開催中。バラの花をかたどったジェラートなどを販売するキッチンカーや雑貨店が出店し、六月七日午前十時からは俳優の三上真史さんによるトークショーなどがある。

 六月末まで無休で、開園時間は午前九時〜午後六時。五月中の土日曜は午前六時に開園する。入園料は大人千二百円、小中学生二百円など。問い合わせは、京成バラ園=電047(459)0106=へ。

 ◇ 

 近隣の習志野市・谷津バラ園(同市谷津)には約八百品種の七千五百株、市川市・里見公園バラ園(同市国府台)でも約百十二品種の七百株余が植えられており、いずれも見頃となった。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報