東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

東京五輪に向け、館山市と事前合宿合意 米トライアスロンチーム、活躍誓う

事前キャンプの合意書を締結した金丸謙一市長(右)と米国トライアスロンチームのジョン・ファラー氏=館山市役所で

写真

 二〇二〇年の東京五輪に向け、館山市は二十日、米国トライアスロンチームと事前キャンプに関する合意書を取り交わした。事前キャンプは今年八月上旬になる見通し。

 同市役所であった合意書の締結式には、市側が金丸謙一市長ら五人、米国側からはチームを束ねるハイパフォーマンス・ゼネラルマネジャーのジョン・ファラー氏ら三人が出席。調印を終えた金丸市長とファラー氏は笑顔で握手を交わした。

 合意書などによると、館山市は米国チームに気象・災害情報を伝え、市営プールや多目的広場などをトレーニング施設として提供する。米国チームは事前キャンプの経費を負担するほか、イベントなどを通じて市民と交流を深める。

 ファラー氏は「ベストなパフォーマンスに向け、素晴らしい施設を探してくれてありがたい。東京大会で勝てるよう、しっかり準備する」と活躍を誓った。

 これに対し、金丸市長は「ナンバーワンに近いチームが館山を選んでくれ、とても光栄。グッド・チョイスと言われるようにしたい」と協力を約束した。

 米国チームは、十八日に行われたトライアスロンの世界シリーズ・横浜大会に出場し、女子が一〜三位を独占した。その後、館山市に移動し、施設や気候条件などを最終チェックした。館山市とは今年一月から調整を進めてきたという。 (山田雄一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報