東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

殺人ほう助罪は無罪主張 柏の女性殺害 地裁初公判で義母

 昨年三月、柏市の弥谷麻衣子さん=当時(30)=が殺害され、茨城県取手市の夫の実家で遺体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた夫鷹仁(たかひと)被告(37)と、殺人ほう助と死体遺棄の罪に問われた鷹仁被告の母親恵美被告(64)の初公判が二十二日、千葉地裁であった。鷹仁被告は起訴内容を認め、恵美被告は「手助けするつもりは一切なかった」と殺人ほう助罪について無罪を主張した。

 冒頭陳述で検察側は、麻衣子さんが長女を出産後に強迫性障害を患ったことで鷹仁被告が殺意を抱くようになり、恵美被告に遺棄現場などを探すよう頼んでいたと説明。「恵美被告は殺害を前提に、遺体を埋める穴を掘るなどしていた」と指摘した。

 鷹仁被告の弁護側は、鷹仁被告と長女が麻衣子さんから暴言や暴力を受けていたとし、「子のために殺すしかないと考えた」と主張。恵美被告の弁護側は「殺害に反対したが聞いてもらえなかった」と訴えた。

 起訴状によると、鷹仁被告は昨年三月、柏市の自宅で麻衣子さんに睡眠導入剤を混ぜたカレーライスを食べさせた後、乗用車内で首を絞めて殺害し、恵美被告と遺体を実家の敷地に埋めたとされる。恵美被告は同年二〜三月、自宅に遺体を埋めることを提案して鷹仁被告とシャベルで穴を掘るなど、殺害行為を助けたとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報