東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

我孫子のキャラ「うなきちさん」 ユニホーム姿でレイソル応援

柏レイソルのユニホームに身を包んだ手賀沼のうなきちさん

写真

 サッカーJ2柏レイソルを応援するため、我孫子市はマスコットキャラクター「手賀沼のうなきちさん」が着る、選手と同デザインのユニホームを作った。うなきちさんは、三協フロンテア柏スタジアム(柏市)で一日午後三時キックオフ予定のFC岐阜戦でユニホーム姿を初披露する。

 我孫子市はホームタウンの一つとして、レイソルのJ1復帰を支援するとともに、市内のサッカー熱を盛り上げようと、スポーツ用品メーカーのヨネックスにうなきちさん用のユニホームを依頼した。

 背番号は、サポーターを意味する「12」。うなきちさんはこれを着て、レイソルの試合や、市内のサッカーイベントなどに足を運ぶという。 (堀場達)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報