東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

「命の大切さ考え続けて」 柏の女性殺害 量刑に関し裁判員会見

 柏市の弥谷麻衣子さん=当時(30)=を殺害、茨城県取手市の実家に埋めたとして、殺人と死体遺棄罪に問われた夫鷹仁(たかひと)被告(37)、殺人ほう助と死体遺棄罪に問われた鷹仁被告の母親恵美被告(64)に対する十二日の千葉地裁判決。実刑判決を受けた二被告に対し、裁判員からは「命の大切さを考え続けてほしい」との声が上がった。

 判決は、鷹仁被告に懲役十五年(求刑懲役十七年)、恵美被告には求刑を上回る懲役七年(同懲役六年)を言い渡した。鷹仁被告はうつむき、恵美被告は表情を変えずに前を見据えて言い渡しを聞いた。

 岡部豪裁判長は、判決言い渡し後に説諭し、鷹仁被告には、強迫性障害を患う麻衣子さんが暴言を吐くなどしたことについて「あなたへのSOSで甘えだったのでは」と、夫として寄り添うべきだったと訴えた。

 恵美被告に対しては、「息子を止められる唯一の人物。親としてどう振る舞うべきだったか自らに問い掛けて」と述べた。

 判決後、裁判員五人と補充裁判員二人が記者会見した。恵美被告の量刑について、六十代の女性裁判員は「母親だから止めるべきだった。命の大切さを考え続けてほしいという思いがあっての年数」と強調。

 鷹仁被告と麻衣子さんの幼い娘に思いをはせ、「鷹仁被告には子どものことを考え、更生の道を歩んでほしい」と声を詰まらせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報