東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<夏の高校野球>63チーム組み合わせ決定 千葉大会 選手宣誓は学館浦安

選手宣誓を引き当て、意気込む学館浦安の遠藤湧士主将=千葉市稲毛区の県スポーツ科学センターで

写真

 第101回全国高校野球選手権千葉大会の組み合わせ抽選会が十九日、県スポーツ科学センター(千葉市稲毛区)であり、出場163チーム(170校)の組み合わせが決まった。

 Aシード校は習志野、専大松戸、木更津総合、銚子商の4校。「船橋豊富・八千代西」「松戸・柏・関宿・流山」「旭農・佐原白楊・八街」「泉・大網」の4チームはそれぞれ連合チームで出場する。

 選手宣誓は学館浦安。遠藤湧士(ゆうと)主将(三年)は「令和初の大会なので、新しい時代を自分たちがつくっていくつもりで一戦必勝で頑張りたい」と意気込んだ。

 開会式は七月十日、ZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)であり、十一日から1回戦が始まる。決勝は二十五日に同スタジアムで行われる予定。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報