東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

募集、芸術の素養や企画力ある人材 市川市職員採用試験 「クリエイティブ枠」新設

 市川市は二十日、職員採用試験で「クリエイティブ枠」を新設し、数人を募集すると発表した。義務教育課程以上を修了し、来年四月一日時点で五十九歳までと、年齢や学歴制限を撤廃。募集期間は七月二十二日〜八月十六日。

 同市は「行政に新たな付加価値を生み出すため」とし、求める人材として(1)デザイン・映像など芸術分野の素養があり、創造し表現することが得意な人(2)これまでの行政にない視点や発想力、企画力のある人−を挙げている。

 これまでは年齢・学歴を問わない「職務経験枠」として毎年この時期に一人程度を募集しており、本年度はクリエイティブ枠を新設。市によると、同様の採用制度は、神戸市が本年度に「デザイン・クリエイティブ枠」を設けている。

 採用は来年四月一日付。一次試験は九月二十二日、市内の千葉商科大学で行い、二次試験は面接のほか、プレゼンテーションなどを行う。結果通知は十一月下旬ごろ。問い合わせは、市川市人事課=電047(334)1111=へ。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報