東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

大きなスイカ「びっくり」 富里でオーナー80組が収穫体験

大きく実ったスイカを収穫する子どもたち=富里市で

写真

 富里スイカオーナー制度の収穫体験が29日、産地の富里市内の畑であり、80組のオーナーたちは葉っぱの間から大きく育った果実を見つけて驚きながら張り切って収穫した。

 直径が30センチ以上、重さが10キロを優に超す5Lサイズがゴロゴロ実った。オーナーたちは収穫したスイカを磨き、シールを貼り、重さを量って箱に詰める出荷作業も体験。

 孫たちと訪れた我孫子市の海老原真貴江さん(65)は「すごく大きくてびっくり。おいしくなるまでに大変な苦労があることを学んだので、感謝して孫たちと味わいたいと思います」と笑顔を見せた。

 スイカ栽培で全国唯一の地域特産物マイスターの篠原弘安さん(59)が畑を提供して手入れしてきた。「かなり良い出来で、味は最高のはず。皆さんのいい思い出になればうれしい」と話していた。 (小沢伸介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報