東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<学童軟式野球 関東大会>県代表 磯辺シャークス 好調打線、堅守で頂点

4度目の優勝を決め、スタンドへあいさつに向かう磯辺シャークスナイン=いずれも東京都稲城市の稲城中央公園野球場で

写真

 東京新聞カップ・関東学童軟式野球大会(関東軟式野球連盟連合会、東京新聞・東京中日スポーツ主催)で、県代表の磯辺シャークス(千葉市)は最終日の四日、東京都稲城市の稲城中央公園野球場で決勝を戦い、山梨県代表のSNSベースボールクラブを5ー2で下して優勝した。優勝は7年ぶりで、大会最多タイの4回目。準決勝では、群馬県代表の境ドラゴンズを8−1の五回コールドで下した。

 準決勝では一回、皆川脩馬(しゅうま)選手(5年)の適時打などで一挙3点を奪取。続く二回も無死一塁から本間光喜(みつき)選手(6年)の三塁打などで4点を奪い、快勝して勢いに乗った。

7回裏1死一塁、飛球を好捕する磯辺シャークスの遊撃手小川選手

写真

 決勝は一回、先頭打者で三塁打を放った矢島陸翔(りくと)選手(同)が一塁ゴロで生還し先制。矢島選手は「最初の得点でいい流れができ、うれしかった」と振り返る。三回も敵失を誘い、足や小技も絡めて3点を加えた。六回には、代打で登場した坂元快翔(かいと)選手(同)が適時打を放ち、1点を追加した。

 投手の小島直大(なお)主将(同)は「大会を通してストライクが入ったし、打たれてもみんなよく捕ってくれた。自分たちの野球ができた。これからはもっと声を出し、他のチームと圧倒的な差をつけたい」と決意。安達亮二監督(41)は「打線がよくつながった上、隙を狙っては塁を目指した。守りも体を張ってボールを止めており、良い結果につながった」と今大会を振り返った。 (中村真暁)

 ▽決勝

磯辺シャークス

1030010|5

0000002|2

SNSベースボールクラブ

(磯)小島、矢島−山本

(S)志村駿−小高

▽三塁打 矢島(磯)小高、池川(S)▽二塁打 皆川(磯) 

 ▽準決勝

磯辺シャークス

34001|8

10000|1

境ドラゴンズ

 (五回コールド)

(磯)小島、矢島、安達−山本

(境)木村大、本多−石塚

▽本塁打 小島(磯)▽三塁打 本間(磯)石塚(境)▽二塁打 小川(磯)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報