東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<夏の甲子園>習志野ナイン 堂々行進 竹縄主将 「初戦へ気分高まった」

開会式で入場行進する習志野ナイン=甲子園球場で

写真

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で六日に開幕した第101回全国高校野球選手権大会。開会式の入場行進で千葉県代表の習志野は出場49校中13番目に登場し、胸を張ってグラウンドを歩いた。詰め掛けた観客からは「習志野、頑張れー」などの声援とともに大きな拍手が送られた。

 千葉大会の優勝旗を手に入場行進した竹縄俊希主将(3年)は「春も(甲子園で)行進したが、あらためて初戦に向けて気分が高まってきた」と気合を入れ直した。この日は大阪府内で軽めの調整にも励んだ。

 習志野の初戦は大会4日目の九日。第3試合(午後一時開始予定)で、沖縄尚学(沖縄)と対戦する。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報