東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<東京2020>暑さ慣れ、来年に備えて 柏市で車いすテニス英代表がキャンプ

地元の子どもたちから花束を受け取り、笑顔の英国代表選手たち=柏市で

写真

 来年の東京パラリンピックに向け、車いすテニスの英国代表選手団が、柏市花野井の吉田記念テニス研修センターで、事前キャンプを展開中だ。

 キャンプに参加している選手は五人。十日まで柏に滞在してトレーニングを積む。センターは国際的に通用する選手、指導者の育成を目指す施設で、車いすテニスのプロ選手として活躍中の国枝慎吾さんが競技を始めた場として知られる。

 センターでは六日、選手らの歓迎式典を開き、秋山浩保市長が「とても暑い夏ですが、暑さに慣れて来年に備えて」とあいさつ。英国選手団のパフォーマンスディレクターを務めるサイモン・ティムソンさんが「パラリンピックに向け、日本の選手たちもベストを出せるよう互いにがんばろう」と応えた。

 十日までの各日、午前と午後に練習があり、見学可能。パラリンピックの本番を直前に控えた来年八月にも、二回目のキャンプを予定している。

 英国側から二〇一六年に、事前キャンプ地としての打診があり、二年半ほどの交渉を経て話がまとまったという。 (堀場達)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報