東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<全日本学童野球>豊上、強豪2チーム撃破 県代表 ベスト4進出

勝利し準決勝進出を喜ぶ豊上ジュニアーズの選手たち=いずれも東京・神宮球場で

写真

 高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)に出場した豊上ジュニアーズ(柏市)は二十一日、神宮球場で3回戦、準々決勝に挑み、名門の長曽根ストロングス(大阪)、一昨年の優勝チーム東16丁目フリッパーズ(北海道南)を連続撃破して、ベスト4に進出した。

 準々決勝は、東16丁目に初回1点を先行されたが、慌てることはなかった。四回、同点に追い付き、なおも2死満塁でベンチが動く。代打の前田敬悟選手が勝ち越し2点打を放った。前田選手は3回戦の長曽根戦では先発して七回途中に交代するまで2失点の快投。

 「指示と違うことをするんです。代打起用は迷いましたが、ひらめきです。よく打ってくれました」と高野範哉監督。普段は怒られ役の前田君は「打席の後ろに立って、低く構えて、センターに打ち返せと言われた。監督の指示通りにできました。自信はありました!」と会心の表情だ。

 強豪2チームを破った勢いに乗り、高野監督は「なんとかあと二つ勝ちたい」と意気込む。 (竹下陽二)

準々決勝の4回、代打で2点勝ち越し打を放った豊上ジュニアーズの前田選手

写真

 ▽3回戦

長曽根ストロングス(大阪)

0000002|2

201100x|4

豊上ジュニアーズ

(長)阿南、奥本−岡田

(豊)前田、田中−森岡

▽二塁打 藤川、吉田(豊)

 ▽準々決勝

東16丁目フリッパーズ(北海道南)

1000010|2

000300x|3

豊上ジュニアーズ

(東)中田、種田−半田、中田

(豊)金子、酒井−森岡

▽二塁打 吉村、中田(東)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報