東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

宍倉拓也さん殺害事件 「あんな優しい子がなぜ…」知人女性が涙

死亡した宍倉拓也さんが容疑者3人と訪れ海に転落した浜金谷港=富津市で

写真

 千葉市若葉区の内装工宍倉(ししくら)拓也さん=当時(23)=を殺害したとして、男三人が逮捕されてから一夜明けた二十九日、拓也さんを知る女性(51)は「あんな優しい子がなぜ…」と涙を浮かべた。 

 拓也さんは約二年前まで、宍倉靖雄容疑者(48)=殺人容疑で逮捕=が大家を務める千葉市若葉区のアパートに、母、妹と三人で暮らしていた。女性は十四年前からこのアパートで暮らし、家族と顔なじみだった。「母親と(靖雄容疑者が)昔からの知り合いのようだった」と語る。

 拓也さんは実家を出た後、昨年九月から、同じアパートの敷地内にあり、靖雄容疑者が内装業の事務所としていた一室で同僚らと共同生活していた。

 女性は「子どものころの拓ちゃんは野良猫や犬を見掛けるとかわいがっていた。成長して外見は派手になったが、きちんとあいさつができた」と振り返る。

 拓也さんが死亡してから約二カ月ほどたった今年三月、母と妹はアパートを出て行った。女性はこの頃、靖雄容疑者から「拓也は釣りに行ったときに死んだんだよ」と初めて聞かされたが、「拓ちゃんが釣りをするとは聞いたことがない」と不審に思ったという。

 大家だった靖雄容疑者の印象について「ごみを片付けないので困ったが、特に怖いという印象はなかった」と話した。 (中谷秀樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報