東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

80、90歳代の2部門 都内で男女70人熱投 長寿ボウリング大会

楽しくボウリングの腕前を競う参加者たち=東京都文京区で

写真

 敬老の日を前に「第六回全国長寿ボウラーボウリング大会オーバー80’s・90’s」(日本ボウリング場協会主催)が十日、東京都文京区の東京ドームボウリングセンターで開かれた。

 今月一日時点で満八十歳以上の協会メンバーの男女七十人が出場。八十歳代と九十歳代の二部門で、投球を楽しみながら勝敗を競った。

 八十歳代の部は山梨の長田孝夫さん(81)が優勝。「五十年近く投げている。きょうは一、二ゲーム目は完璧だったが、最後は十ピン差の勝負になった」と話した。

 九十歳代の部では千葉の奥谷賢一郎さん(96)が僅差で勝利。「毎日、四ゲーム練習している。百歳を過ぎても投げ続けるのが今の目標」と語った。

 各部の上位成績者は次のみなさん。(敬称略)

 【80歳代の部】(1)長田孝夫(山梨)(2)斎川稔(茨城)(3)川嶋フミ子(同)(4)鈴木康雄(東京)(5)大池伴好(同)

 【90歳代の部】(1)奥谷賢一郎(千葉)(2)村田清(山口)(3)篠田実(千葉)(4)中桐伸夫(同)(5)瓜生二十二(東京)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報