東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

台風15号 半壊298棟、一部損壊1961棟 鋸南町の被害状況確認

 県は十九日、台風15号による住宅の被害状況について、これまで情報の把握が進んでいなかった鋸南町で半壊二百九十八棟、一部損壊千九百六十一棟の被害が確認できたと発表した。県内で被害を受けた住宅は全壊二十三棟、半壊四百十九棟、一部損壊九千百六十六棟となった。

 県南部の館山市、南房総市など依然として情報の把握が進んでいない自治体もあり、今後も大幅に増加する見通しだ。

 県教委などによると、県内の小中学校は十九日までに公立私立ともに全校で通学を再開。館山市と大網白里市の幼稚園や小中学校計五カ所で給食が提供できなかったり、建物の被災などを理由に始業時間を遅らせるなどした。高校はわせがく高校(多古町)が停電の影響で休校しているが、このほかの高校は公立私立ともに通常どおりに通学を再開している。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報