東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

介護施設やサービス教えます 船橋市があすから 219事業所が参加へ

参加事業所などに張られる「まちかど案内所」のステッカー

写真

 介護サービスなどを担う公的機関を案内してもらうため、船橋市は十月一日から「高齢者まちかど案内所事業」をスタートさせる。市民に身近な薬局や接骨院などに相談することで、地域包括支援センターや在宅介護支援センターなどにつないでもらう。

 「介護サービスを知りたいが、どこに相談したらいいのか」といった問い合わせが多いことから、市は市内の薬局や針・きゅう・マッサージ店などに協力を依頼。相談内容に応じて、公的施設などを無料で紹介してもらう。二百十九の事業所などが参加する見通しという。

 相談内容は、介護予防や介護サービス、在宅医療、自宅のバリアフリー化、ボランティアを受けたいなど。対象は、介護認定を受けていない六十五歳以上の人とその家族。参加事業所を示す、青色のステッカーも作製した。

 問い合わせは、市地域包括ケア推進課=電047(436)2354=へ。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報