東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

鎌ヶ谷特産のナシ 強炭酸サイダーに 市商工会など企画 きょう発売

発売する「鎌ケ谷梨サイダー」を手にする井手勝則会長=鎌ケ谷市で

写真

 鎌ケ谷市の特産・ナシを使った「鎌ケ谷梨サイダー」が一日から発売される。豊水(ほうすい)の果汁15%を使いナシの風味を生かしながら、大人向け強炭酸の味わい。市商工会などが企画し、二百五十ミリリットルの瓶入りで九万本を製造した。オープン価格だが、参考価格は一本百九十五円(税別)。

 同市はナシの生産地であることから、「年間を通して特産品のPRを」と商工会、市梨業組合、JAとうかつ中央が共同で、サイダーを売り出そうと計画。昨年に試作品を製造し、十月から本格販売を始める。製造を委託したのは、東京都内の飲料水メーカー。

 市商工会の井手勝則会長は「年間を通じて、鎌ケ谷産のナシを楽しんでほしい。麦焼酎で割って飲んでもおいしいですよ」とPRする。

 企業組合・鎌ケ谷ブランド館(イオン鎌ケ谷ショッピングセンター一階)で販売を始め、今後は市内の量販店などで販売してもらうことにしている。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報