東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

礼拝・食事 ムスリムに安心を 木更津にホテル開業

ホテル内に設けられたプレイヤールーム

写真

 旅行や仕事で来日するイスラム圏の人々に安心して宿泊してもらおうと、プレイヤールーム(祈りの部屋)を設けたホテル「Jesly Villa Tokyo」(木更津市金田東一)が九月一日、オープンした。イスラム教の戒律に沿ったハラル料理のレストランも兼ね備えており、羽田空港やJR品川駅から無料のシャトルバスを運行している。

 ホテルを運営する「JYグローバル」(飯塚義典社長)によると、ホテルは地上三階建てで、敷地面積約三百八十平方メートル。スイートルーム二部屋、シェアルーム二部屋を含め客室は全部で十五。東京湾アクアラインを使えば、羽田空港から車で約二十分の立地にある。日本人の宿泊も可能だ。

 男女別のプレイヤールームは礼拝マットが敷かれ、手足や口を清める「洗い場」を用意。エアコンで空調にも配慮した。宿泊客だけでなく、近くに来たイスラム教徒も利用できる。

 ハラルレストラン「パプリカ」はムスリムの専属シェフが、アルコール、豚肉を完全排除した料理を提供する。

 宿泊料金は一人七千百五十円(税込み)からで、通常ファミリールームだと、二人で二万三千円(同)から。日本、フィリピン、マレーシアなど六カ国出身のスタッフが接客する。

 十九日のオープニングセレモニーで、飯塚社長は「木更津を含め千葉県全体でイスラム教徒の方を招き、盛り上げることができれば」と語った。 (山田雄一郎)

「Jesly Villa Tokyo」の外観=いずれも木更津市で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報