東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

ばけごろう「松戸に笑顔を」 市応援キャラ 30日に誕生日イベント

本郷谷健次市長(中央)にイベントをPRする「ばけごろう」(右隣)と「松戸さん」(右端)=松戸市役所で

写真

 「松戸に笑顔を増やしたい」と登場した市の応援キャラクター「ばけごろう」の「お誕生日会&ハロウィンパーティー」が30日午後6時半、市内の森のホール21で開かれる。初のイベントを控え、3日に本郷谷健次市長を表敬訪問して「お友達にいっぱい集まってほしい」と呼び掛けた。

 ばけごろうは、市内の芸能事務所「アートストーンエンターテイメント」が、ハロウィーンに合わせて制作した男の子のお化け。身長210センチ、浮いているため体重は0キロという。ゲームやアニメなどのコンテンツ産業でつくる「松戸コンテンツ事業者連絡協議会」の公認キャラに認定されている。

 お誕生日会では、ばけごろうが歌って踊って劇を披露する。俳優でお笑い芸人のルー大柴さん、ご当地小学生アイドル「Mらぶ(えむらぶ)」らが出演する。入場無料。

 共演する松戸中央ライオンズクラブの寡黙なゆるキャラ「松戸さん」が静かに見守る中、ばけごろうは軽やかにステップを踏んで、アピールに余念がなかった。問い合わせは市文化観光国際課=電047(366)7327=へ。 (林容史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報