東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

千葉市動物公園が人気アニメ「けもフレ」とコラボ 謎解いてフレンズ缶バッジ

イベントに合わせ園内各所に設置されたキャラクターパネル=千葉市動物公園で

写真

 千葉市若葉区の千葉市動物公園で、アニメなどで人気の「けものフレンズ」とのコラボイベント「お宝を目指せ!すっごーい謎解きラリー!」が来年1月7日まで開催されている。イベントに合わせ、園内の動物舎内には各キャラクターのパネルが設置されている。

 イベント参加者は、園内4カ所の売店で謎解きキットを購入し、キットに載っている問題を、園内各地に設置されたパネルを手掛かりに解いていく。時間以内に全問題を解くと、キャラクターが印字された缶バッジ2個がもらえる。

 けものフレンズは、架空の超巨大動物園「ジャパリパーク」を舞台に、女の子に擬人化した動物「フレンズ」たちの冒険を描いた物語。アニメの他、スマホゲームやコミックなどでコンテンツが展開され、優しくほのぼのとした世界観が幅広い人気を集めている。

 イベントに合わせ、作中で人気を集めたペリカンの一種「ハシビロコウ」など19種類のキャラクターパネルが、該当する動物舎内やその付近に設置された。ただ、作品の主人公であるネコの仲間「サーバル」のパネルは展望デッキに設置されている。理由について同園の担当者は「うちの園にサーバルはいないので…」と苦笑い。

 担当者は「イベントをきっかけに動物園の魅力を発見してほしい」と来場を呼び掛けた。参加費は1000円(税込み)で、問い合わせは千葉市動物公園=電043(252)1111=へ。 (丸山将吾)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報