東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

専大松戸高・横山陸人投手 ドラフト ロッテ4位「夢のよう」

千葉ロッテに4位指名されて喜ぶ専大松戸高の横山投手=松戸市の専大松戸高で(同校提供)

写真

 四球団が一位指名した佐々木朗希投手(17)を千葉ロッテが引き当てるなど盛り上がりをみせた十七日のプロ野球ドラフト会議。県内からは、専大松戸高校の横山陸人投手(18)が千葉ロッテ四位で、八千代松陰高校の長岡秀樹選手(18)がヤクルト五位で、国際武道大の勝俣翔貴選手(22)がオリックス五位で、それぞれ指名された。

 横山投手は校内で野球部員やクラスメートと会議を見守った。千葉ロッテに指名され、教室にいた生徒らは狂喜乱舞。一方で、横山投手は「信じられない。夢のよう」。

 右横手投げで繰り出される最速百四十八キロの直球が最大の武器。スライダーやカーブなど球種の幅は広い。ロッテの本拠地ZOZOマリンスタジアムは慣れ親しんだ球場で「まずは体を作って、ローテーションに入りたい」と意気込んだ。

 長岡選手は今夏の千葉大会で準優勝したチームをけん引した。また、速い動きからの鋭いスローイングなど守備力も高い。

 勝俣選手は正確なバットコントロールに定評がある。U18日本代表で四番を担い、W杯では首位打者と得点王を獲得した。 (丸山将吾)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報