東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

森の中で「食欲の秋」 来月2〜4日松戸でフェス

 秋の行楽シーズンに合わせ、緑の中で一日をすごす「松戸モリヒロフェスタ〜おいしい・たのしい・おしゃんてぃ〜」(主催・21世紀の森と広場イベント実行委員会)が二〜四の三日間、松戸市の21世紀の森と広場で開催される。有名店が味を競う「真ラーメン祭り絆」をはじめ、さまざまなイベントが行われる。

 ラーメン祭りには地元の「中華蕎麦(そば)とみ田」をはじめ、「Japanese Soba Noodles 蔦(つた)」(東京都)、「無鉄砲 豚の骨」(奈良県)、「ちばから」(市原市)など六店が出店する。チケットは一杯九百円、販売は午後四時まで。

 「松戸集まるしぇ」にはキッチンカーなど三十五店が出店、飲食物を販売し、手作り品や雑貨も並ぶ。「アウトドア・フィールド・ピクニック」ではアウトドア用品を販売したり、ワークショップを開いたりする。この他、ペイントアートなどが体験できる「出張カンドゥー」、「ラーメントークショー」(三、四日)などがある。

 フェスタは午前十時〜午後四時半。入場無料(一部ワークショップ有料)。松戸の魅力を発信しようと、食を主体に二〇一六年から実施している。問い合わせは管理事務所=電047(345)8900=へ。 (林容史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報