東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

袖ケ浦市長選 粕谷さんが初当選

袖ケ浦市長選で初当選を決めた粕谷智浩さん(中)=袖ケ浦市福王台で

写真

 任期満了に伴う袖ケ浦市長選は十日、投開票され、無所属新人で元市議の粕谷智浩さん(43)=自民、公明推薦=が、同じく無所属新人で元市議の福原孝彦さん(63)、塚本幸子さん(57)の二人を破り、初当選した。投票率は47・33%で、過去最低だった前回の48・30%を下回った。当日有権者数は五万二千三百四十三人。

 同日午後十時半ごろ、当選を決め、選挙事務所に姿を見せた粕谷さん。大勢の支持者と万歳三唱し、「厳しい選挙戦だったが、皆さんのおかげで今日の勝利を迎えた」と声を上ずらせた。市内の台風被害に触れ「災害に強いまちづくりを着実に進めることが私に与えられた課題。期待に沿えるように頑張る」と誓った。

 自民、公明がてこ入れを図ったことで、選挙戦を有利に展開。「若さ」を前面に新しいまちづくりを掲げ、子育て世代や無党派層の取り込みも図った。

 前回自民の推薦を受け落選した福原さんは今回、粕谷さんとの「保守分裂」で、苦しい戦いを余儀なくされた。塚本さんは、引退表明した現職の出口清市長の後継候補として臨んだが、出馬表明が九月末と出遅れたのが響いた。

 四人が立候補した市議補選(被選挙数三)も同日、投開票され、元職一人、新人二人が当選した。投票率は47・30%だった。 (山田雄一郎)

◇袖ケ浦市長選確定得票

当 9,755 粕谷智浩 無 新<1>

  7,495 福原孝彦 無 新 

  7,175 塚本幸子 無 新 

◇袖ケ浦市議補選確定得票(被選挙数3−候補4)

当 7,811 伊藤啓 無新

当 7,254 村田稔 無元

当 4,571 湯浅栄 無新

  2,355 寺地直人 無新

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報