東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

ドーム全体に宇宙再現 プラネタリウムが完成 君津・ロマンの森共和国

君津市の山あいにオープンしたプラネタリウム「ロンちゃんのドームハウス」=君津市豊英で(ロマンの森共和国提供)

写真

 君津市豊英のアトラクション施設「ロマンの森共和国」に、新たにドーム状のプラネタリウムが完成した。半球体(直径七・七メートル)のドーム全体に宇宙の大海原が再現され、担当者は「訪れた子供たちの中から将来、宇宙飛行士が出てくれれば」と願いを込める。

 標高一五〇メートルに建てられたドームの正式名称は、同施設のマスコットキャラクター名を冠した「ロンちゃんのドームハウス」。投影機による高画質の映像と音声で臨場感あふれるプラネタリウムとした。客席は三十席。宇宙の謎を解き明かしたり、太陽系の惑星を巡る宇宙の旅など、五つの番組プログラムを用意した。星空観察会や星空ライブなどイベントでの利用も計画している。

 午前の部は十一時二十分、午後の部は十四時二十分から。観覧料は大人五百円、小学生三百円。問い合わせは、ロマンの森インフォメーション=電0439(38)2211=へ。 (山田雄一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報