東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

ラガーマン流!?「高い 高い」 船橋医療センターをスピアーズ選手慰問

子どもを抱き上げるスピアーズの選手

写真

 ラグビートップリーグ・クボタスピアーズの選手7人が13日、船橋市立医療センター小児病棟を慰問し、入院中の子どもたちと触れ合った。ワールドカップ(W杯)日本大会が人気を呼んだだけに、子どもたちは大喜びだった。

 練習用のユニホーム姿で同センターを訪れた選手たちは、子どもたちとボールのパスをしたり、絵本の読み聞かせなどをした。2列に並んだ選手の間にボールを投げる「ラインアウト」のように、選手が両手で子どもを抱き上げたりもした。

 新関世志輝(よしき)選手は「選手同士が助け合い、頑張るのがラグビー。繊細なパスや綿密なサインプレーもある。こうしたラグビーの面白さを知ってほしい」。テレビでW杯を観戦した男児(6)は「(選手は)筋肉もりもりで、格好いい」と笑顔を見せていた。

 船橋がホームタウンのスピアーズは、トップリーグカップ2019で準優勝。2020シーズンはW杯開催のため、来年1月に開幕する。

 今回の慰問は、昨年から企画された地域貢献活動「For Children」(子どもたちのために)の一環で行われた。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報