東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

バリアフリー 千葉市が観光ガイドマップ 海辺、マチナカ、里山3コース

足が不自由な人でも楽しめるスポットを紹介したバリアフリー観光ガイドマップ(千葉市提供)

写真

 千葉市は高齢者や車いす利用者が快適に市内観光ができるよう「千葉市バリアフリー観光ガイドマップ」を作成し、今月から配布している。「海辺(千葉みなと)」、「マチナカ(千葉中央)」、「里山(若葉・緑)」の三コースに「観(み)る・食べる・体験する」プランを盛り込んだ。

 市は、障害者団体「市身体障害者福祉会」にバリアフリー調査を委託し、実際にメンバーが車いすで調査してマップを作成。メンバーの意見を参考にコースを設定した。マップには「施設内に一部段差あり」といった現地調査で得られた各施設やルート上の注意点も載っている。

 海辺コースは、レストランやカフェなどの複合施設「ケーズハーバー」でシーフードを味わった後、遊覧船や千葉ポートタワーなどで海辺を楽しむ。マチナカコースでは千葉神社や市美術館、市科学館などをまわる。里山コースでは観光いちご園や「富田さとにわ耕園」、市動物公園など自然と触れ合える。

 マップは市内の各図書館や公民館、市観光情報センター(JR千葉駅、海浜幕張駅)などで配布。市のホームページでも確認できる。  (丸山将吾)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報