東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

アフレコに挑戦! ファンタジー映画で声優体験

キャラクターの口の動きを確認しながら声を吹き替える参加者=千葉市美浜区で

写真

 イオンモール幕張新都心(千葉市美浜区)の仕事体験テーマパーク「カンドゥー」では十二月十五日まで、今月十五日公開の映画「小さい魔女とワルプルギスの夜」のキャラクターになりきる声の吹き替え体験イベントが開催されている。

 映画は世界中で読まれている児童文学「小さい魔女」を原作とした、半人前の魔女と相棒カラスの成長を描くファンタジー作品。会場では声優の坂本真綾さんが演じる「小さい魔女」と山寺宏一さん演じる「相棒カラス」の声を吹き替える声優体験ができる。

 声を吹き替えるのは映画の冒頭約三分のシーン。映像に映し出されたキャラクターの口の動きに合わせて声を吹き替える「アフレコ」を体験する。自分の声が吹き替えられた映像は収録後、動画サイト「ユーチューブ」にアップロードされ、確認できる。担当者は「効果音やBGMが入った状態で自分の声が流れるのは新鮮なのでは」と話した。

 十一日に体験した相棒カラス役を堂々と演じた野田里菜さん(10)=東京都八王子市=は「声を出すタイミングやセリフをかまないで言うのが想像より難しかった」と自分の演技を振り返った。

 体験は完全予約制で、予約状況の確認はカンドゥーコールセンター=電0570(085)117=へ。 (丸山将吾)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報