東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

アートでクジラ、楽しもう 南房総・白浜海洋美術館で特別展

古座浦捕鯨絵巻=いずれも白浜海洋美術館蔵

写真

 絵画や工芸品を通じてクジラの魅力を知ってもらおうと、南房総市白浜町の白浜海洋美術館は今月7日〜来年3月22日の間、特別展「クジラはアートだ!」を開催する。約150点の資料をそろえ、郷土食のクジラを試食するイベントも企画した。

 三重県の鳥羽市立海の博物館で11月17日まで行われたイベントの移動展。クジラをテーマにした浮世絵や絵巻、房総発祥の大漁祝い着「万祝(まいわい)」などが並び、子どもから大人までクジラの歴史や作品を楽しめる内容とした。

 白浜海洋美術館担当学芸員の松浦信也さんは「台風の影響で観光客が減少する中、少しでも多くの人にお越しいただき、南房総と千葉県の活力を取り戻す一助になれば」としている。

 午前10時〜午後5時。火〜木曜休館。入館料一般500円、大学・高校生400円、中学生以下200円。

 関連イベントは次の通り。特別展を含め、問い合わせは、同館=電0470(38)4551=へ。

 【ミュージアムガイドとクジラつまみ食い】

 来年1月12日午前11〜11時半。同館展示室。定員約20人(事前申し込み不要)。参加料無料。担当者による特別展の解説のほか、クジラの干物を試食できる。

 【クジラのカタチのお皿をつくろう】

 来年3月8日午後1時半〜4時ごろ。同館近くの都美恵(つみえ)窯。定員15人(要事前申し込み)。参加料500円。プロの陶芸家の指導で、クジラをかたどったオリジナル皿を作る。 (山田雄一郎)

房総発祥の大漁祝い着「万祝」

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報