東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<東京2020>障害者スポーツの魅力伝える 木川武蔵(むさし)さん(15)

写真

 県内の聖火ランナーに選ばれた人の喜びの声を紹介する。

     ◇

 県立東金特別支援学校中学部三年の木川武蔵さん(15)=芝山町=は、障害者スポーツの普及振興を目指す児童生徒主体の校内組織「オリ・パラ」推進隊のメンバーとして、ボッチャなどの魅力を伝えている。

 ダウン症で知的障害があり、地元の小学校を卒業後に中学部に入学した。木川さんは「走るのは得意で大好きです。聖火ランナーに決まり、本番を楽しみにしています。応援してくれる人のために頑張ります」と意気込みを話した。

 学校では、推進隊による体験会や交流イベントが聖火リレーの理念に合致すると評価されたとして、喜びに沸いている。古川文彦教諭(37)は「共生社会に向けてのメッセージになる」と木川さんの走りに期待を寄せた。(小沢伸介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報